読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tete*Gift〜お母さんと子ども達の過ごしやすい未来を見つけるためのカフェ&サロン♡〜

こんにちは♡貴子です。Tete*Gift〜てて ぎふと〜は、都内でママと子ども達の過ごしやすい未来を見つけるためのカフェ&サロンです。只今準備中なので、まずはどんなサロンなのか?貴子ってどんな人?というところからお話していきますね♡ ・・・【エンジェルナンバーのブログはこちら♪→http://tetegift0727.hatenadiary.jp/entry/2015/10/11/130239 】

貴子の生い立ち。。⑥ .* *.・

つづき。。。**.


私にとって標準だと思っていた45kg(体重)から、当時50〜51kgにまでなっていて(中学生で身長が143cm→160cmまで伸びて、引退後もそのまま食欲が止まらなかったw)、、「やべーな〜」と思っていた矢先、バスケ部に再入部→すぐに夏休みに入ったので、1ヶ月もしないうちに、ストンと体重が45kgまでさがったのでした…(ノ˙ △˙ )笑!
(夏休みは筋トレや走り込みやりまくる)


その頃のバスケ部には、1年入部時にはいなかった“コーチ”が指導者として入り、メニューがなぁなぁじゃなくなっていました。


そして、私はとにかくシュート練が好きでした。

とくに、スリーポイントシュート♡(以下、スリーと書く)

私は元々、実は左利きの人だったようで、お箸もえんぴつもボールも右手なんだけど、時計は右に付けたいひとだった(つまり左手でベルトを締める)し、自転車の片手ハンドルも左手の方が安定するんです。

握力も両手ほぼ同じで、バスケしてた時は、左手の方が少し強い時期もあったくらいでした。

なので、両手のシュートの力具合を調節するのが難しかったんですねー。。
(フツーは、利き手じゃない方を強めにすれば良いけど、私は日によって力の強い方が左右どちらか分からないので)

なので半分憧れもあったのと、何となくやりやすさを求めて、中学の後半頃、左手の突き指をしたタイミングでシュートもパスもワンハンドになっていました。



なので当然、スリーもワンハンドで打つ。。


みんなには飛距離が飛ばないんじゃ…と言われたけど、実は両手打ちもワンハンドも同じくらいだった。


逆に、ワンハンドだと回転がよくかかるので、シュートは打ちやすかったし、パスも早い♡


途中から、私とキャプテンの子だけ、スリーの特別メニューが課せられた。

「毎日スリー50本イン」

(。。つまり、50本入らないと帰れないってこと(ノ˙ △˙ )笑!)


まーぁ、腕も足もダルくなるし、足が疲れてくるとジャンプの感覚も変わるから、結構難しいのです。


ただ、実はちょっと嬉しかった。。♡

自分のスリーが認めて貰えるなんて、思ってなかったから。


でも、ドリブルがど下手なので、フリーでスリーを打てる機会は試合でもほとんどないんだけどねーw(かなしぃ…(´・ω・`)、)


そんな感じで、1年生の中で私だけ2年っていう感じだったけど、少しだけ学校に行くのが楽しみになってきたのでした。



**...
ちなみに当時、田舎だったけど高校生もケータイを持たせる家庭が増えていて、、。



中3まではクラス40人中ケータイ持ちが1〜2人だったけど、私たちが高校へ上がるタイミングで、auが流行り始め、「0円ケータイ」が普及し始めたこともあり、うちの代は高1の入学時点で8割がケータイ持ちになりました。



でもねー、うちの姉は そーゆーの無頓着だったんです。。(^_^;)


なので、実家には「家用ケータイ」というものしかなくて、、


基本はお母さんが出かけている時に持つ&私たちも練習試合とかで出掛ける時に持つ。。ってゆぅ、ほぼ着信用ケータイ。



姉は高校卒業を機にそのケータイを「姉用」にしたくらいなので、うちの家には「高校生にケータイ持たせる」概念が存在しませんでした。


なので私は、高校2年の夏休みのバイト代が出た少し後くらいに、自分への誕生日プレゼントとしてケータイを買いました。(*´艸`)♪←しかも、機能とかを調べに調べまくって、お気に入りをゲットした人。


お小遣いが、当時 一緒に住んでいない母方の祖母から2000円だけ貰っていて、、(周りの子はケータイ持たせて貰ってる+お小遣い5000円とかザラにいました。。中には1万円の子も…orz)


なので、月に1回以上はバイトに出るか、貯めていたお金(お年玉は基本、お正月以外に使わせてくれません)や臨時収入を駆使しながら、、当時はパケ放題とかauだけで、私はドコモだったので、無料通話の金額を計算して、「ぉ。使いすぎたから今月は23日になったらプラン上げよう♪(使った分ギリギリの金額を無料通話料で収めるのが一番お得♡)」とか、当時からマジでやっていて、ケータイ代を基本 3000円台/月に抑えてました。
(あれはもはや、主婦感覚を通り越して職人芸だった気がする……(๑¯ㅁ¯๑)笑。ちなみに周りの子は「ヤバイ!1万円行っちゃった‼︎お母さんに怒られる〜!」とか言ってるレベルです…笑。)

たま〜に、着メロ ダウンロードしたい月だけ、5000円くらいに行くけど、、基本3000円台。
当時はまだ、余った通話料を繰り越しとかもなかったので、相当考え込んで使ってました。(料金見るだけでも割とパケット代かかるし。笑)


。。そんな子どもでした。