読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tete*Gift〜お母さんと子ども達の過ごしやすい未来を見つけるためのカフェ&サロン♡〜

こんにちは♡貴子です。Tete*Gift〜てて ぎふと〜は、都内でママと子ども達の過ごしやすい未来を見つけるためのカフェ&サロンです。只今準備中なので、まずはどんなサロンなのか?貴子ってどんな人?というところからお話していきますね♡ ・・・【エンジェルナンバーのブログはこちら♪→http://tetegift0727.hatenadiary.jp/entry/2015/10/11/130239 】

リトルあっくんに逢いに行った。

心の中で、リトルあっくんにフォーカスしてみた。

 

 

なんだか…悲しかった。

ビクビクしてた。

 

 

何かなーと思ったら、

「もう、傷つけないで。。」

って感じの感情だった。

 

 

 

ごめんねって言おうとしたら、

私じゃなくて、あっくんの方が

「ごめんなさい。ごめんなさい。」

って言ってた。

 

 

「ごめんね。いっぱい傷つけてごめんね。私はあっくんのこと、大好きだよ♡あっくんの作るものは、全部ぴかぴかしてて好きだよ♡大好きだよ。ごめんね。ごめんね。」

 

って言ったら、気持ちがスッ…となった。

 

 

私の中のイメージにあるリトルあっくんはそんな子だったみたい。

切り替えてあげると、多分現実も少し変わる。

 

 

もしかしたら、もう何かを学び終えて「離れる」のかも知れない。

 

 

冷たいことを言うと、

私はやっぱり「この先一緒に過ごしていく人」を探していて、「その人と出逢えて一緒になること」は決まっていて。

 

でも、それが誰か?はその時まできっと分からないし、現時点ではレベルの高いところで君しかいない。

 

でも、もし君じゃないとしたら。。

 

君は通過点として、私にとって最高な形で私のパートナーとなる人にバトンタッチすることになるんだろうし、、

 

もしくは、その最高のパートナーは君だと思う。

 

どちらにしろ、私はこの想いを胸に君に向かうことが現時点の「正解の方向」で。

 

でも、何となく動くタイミングじゃない気がして、まだ外から眺めてるのかなぁ。。と思うけど、

 

多分、何かチカラになりたくて、援護射撃したかったんだろうなぁ。。私は。

 

 

でも、表面的には援護射撃になったのかも知れんけど、リトルあっくんをズタズタに傷つけてしまったょ。

 

ごめんね。ごめんね。

 

ちょっと、もう中途半端な距離は同じことしそうだから、離れよう。

 

そうじゃないと、また傷つけてしまいそう。