読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tete*Gift〜お母さんと子ども達の過ごしやすい未来を見つけるためのカフェ&サロン♡〜

こんにちは♡貴子です。Tete*Gift〜てて ぎふと〜は、都内でママと子ども達の過ごしやすい未来を見つけるためのカフェ&サロンです。只今準備中なので、まずはどんなサロンなのか?貴子ってどんな人?というところからお話していきますね♡ ・・・【エンジェルナンバーのブログはこちら♪→http://tetegift0727.hatenadiary.jp/entry/2015/10/11/130239 】

【続②】私のやりたいことは、「お母さんになりたかった」だった。。❗️❗️❗️(・ω・ )

その他♡・・・.* *. 貴子の生い立ち。。♡ .* *.・

まさか、【続②】を書くとはw

(むしろ、こんなの書いたことをすっかり忘れてるくらい、猛進していたような、盲目だったような2ヵ月でした。)

 

*【続①】と、元ネタ記事は↓こちら♫

tetegift08234.hatenablog.com

 

 

10/8、実家に帰った。

実に丸2年ぶり。

 

2年前は、妹の結婚式で。

(もう2年も経ったのかー笑。)

 

 

うちの地元は10/9が秋祭りで、獅子舞やお神輿や榊が出る。

 

そして、何年振りかに今年は10/10に区民運動会♡

 

ハッピーマンデーになってから、「祭りの残りのオードブルを消化する日」である体育の日がズレて、女性連中は大変だったと思う。

男性連中は「2日連続で昼から飲める日」だったに違いないw

 

 

そういう感覚もあってか、うちの地元の人は、

「ぉー!今年は繋がってるのか!!♫」

という感覚で、ちょっと特別感を感じていた。

 

 

 

10/8の遅めの夕方に鳥取空港に着いて、姉が娘と一緒に迎えに来てくれた。

 

 

少し買い物をして、

自宅に帰って夕飯を食べて、、。

 

 

22時を回った頃に、父が

「あれ!携帯に着信が入っとる!なんだいな〜、家に掛ければ良いのに〜!」

 

と、文句を言いながら、実兄(近くの別宅に住む)にTELをした。

 

 

どうやら、おばあちゃん(父の母)の容態が良くないらしく、病院からTELがあったらしい。

 

 

父が出掛けようとするのを見て、

「貴子も行く!」と言った。

 

母が「いつ帰って来れるか分からんで?」

 

と、止めたけど、朝まで起きておくことや、椅子で寝ることは私にとっては苦じゃないし、、

 

そもそも、このタイミングで会わないと、ばーちゃんの死に目には会えない気がしたから、「いつも朝方まで起きてるから、大丈夫!!」と言ってついていった。

 

 

 

30〜40分かけて病院に着いて、

病室に着いたら、

聴診器を持った看護師さん(?)が、

「先ほど、15分前くらいに心拍が止まりまして、、」

 

 

って。

 

 

 

一緒に住んでたばーちゃんじゃないし、

だいぶ会ってなかったし、、。

 

93歳の誕生日手前で、今朝 目を覚まさなかったから、「1週間保つかな、、」って言ってた矢先だったみたい。

 

 

 

でも、貴子のこと待っててくれたんだなー。って思って。

(しかも、そのタイミングじゃなかったらお葬式出れなかったと思う)

 

 

 

まだ、あったかかったから、おでことか頭をナデナデしながらお話をしました。

 

 

苦しそうな顔じゃなかったから、良かったな〜とか思った。

 

 

10分後くらいに死亡確認されて、

祭りだからと1日ズラそうとしたけど、諸々 お寺の事情とかで、祭りの日にお通夜、区民運動会の日にお葬式→出棺となって。

 

 

 

でも多分、お祭りで賑やかな時で、しかも皆んな忙しくしてるから参列も少ない、、っていうそんな日に、地元に帰って来たかったのかなぁ〜なんて、思っていた。(๑•ᴗ•๑)

 

 

おじーちゃん(ばーちゃんの旦那)の時は、貴子は生まれてなかったけど、東京で人気のラーメン屋さんの店主(瑞江の大勝軒)だったから、1000人とか参列者がいたらしい(対応大変だったと思う、、汗。)し、、自分は静かにいきたかったのかなーって、何となく思った。

 

 

 

 

うちの両親もパタパタしながら、貴子は要所要所で姪っ子の世話を。

 

でも、プペル展の募金を30万円集めるって決めていて、、

 

締め切りはもう14日しかなくて。

 

ポスターも完成していなかったし、

役場とかに協力の要請もしなきゃいけなくて。。

 

みたいな状態だった。

 

 

 

10/10時点では、協力者はゼロだったのだ。

(でも、「焦らない・やり切る」ってだけ決めて、、何とか14日後には集め切ることが出来ました。良かった、良かった♡)

 

 

 

 

 

さて、実家での生活はと言うと、、。

 

 

【続①】で、

2年前にも自分の成長を感じれたんだ。
(あまり、イライラしなくなってた。無意識に神経使ってて、首コリ半端なかったけどww)
 

って書いていたけど、

今回はどうだったかと言うと。。

 

 

 

まぁ、いつも通りうちの母が、私のところまで父や姉の愚痴を言いに来て(笑)、、

↑不満が溜まってるのは分かるので、愚痴るのは全然聞くんですけどね、。笑

 

 

 

こちとら占いでパートナーシップについて散々カウンセリング込みでお伝えしまくっているので、

「そこは汲んであげれば〜?(大目に見てあげなよ)笑。」という感じで、いつもよりも口調は優しいながらも、男性の生態とかを丁寧に紐解きながら、ガッツリ論破してしまったのですね、、+°.(ノ∀ `o)笑!

 

 

 

結果、、

 

 

 

私に対してフラストレーションが溜まってた母が、最終日(10/11)の朝にブチ切れました。。。笑!

 

 

 

 

と、いうのも、

 

 

うちの父って、

「待たされるのキライ」なんですけど、おそらく “自分が軽視されてる” みたいなのが怒りのポイントらしくて。

 

で、ちなみに10/11の朝は「父が10:30出発で実家から空港まで送ってくれる」ってことになっていたのでした。

 

 

 

私は前日夜中までプペル展のポスターを作っていたので眠くて、、。

 

 

9時頃 起きて皆んなと朝食を食べてから、眠かったのでもう1回寝に行ったんです。

 

 

 

10:09頃にのっそり起きて来て、

疲れていたので、頭を起こすように、ゆ〜っくり自分のペースで荷造りをしていたんですね、、。

 

 

 

すると父が、

「ちょっと出てくるけぇ!(10:30には戻ってくるつもりだよ)」

って言って出掛けて行ったんです。

 

 

 

 

それを見て、カチン!と来たのは母。

 

 

 

 

いつもなら父は、

「あんたぁ、父さん出てくるけー、10:30までにはちゃんと用意しとくだで!!💢」

って言って出掛けるんだけど、今日はそれがない、、。

(おそらく、今日の貴子はゆっくりでも準備してるから。父的にはそこが合格ラインを超えたらしいw 普段怒るのは、みんながテレビとか見て準備してる姿勢がないから。)

 

 

で、おそらく母の心の中で、

「ハ…?いつも自分らには怒って出てくのに、貴子には怒らんのかい💢」

って、なったんでしょう、、。笑

私への溜まってたフラストレーションの出しどころも探していたんでしょう、、。

 

 

「あんたぁ、早よせぇな!!💢」

 

 

って言われてw

 

 

「ぇ〜。今しょーるがぁ〜、、。( ´△`)」

 

 

「今しょーるって、遅いが!?父さん10:30には帰って来るだで!!?」

*この時点で10:14くらい。(準備終わっても、トイレ行けるレベル)

 

 

「だけー、今準備しょーるが〜。何がいけんだ〜?( ´△`)、」

 

 

 

。。みたいな やりとりを繰り返し、、最終的に、。

 

 

「ぶちぶちぶちぶち、うるさいだわ‼️(ブッチーーン!)」

 

。。と、母さんキレた…('◉⌓◉’)あら。

 

 

 

 

だけどね、、。多分 母さんは溜まってたモノを出したかったし、、。

 

 

 

 

貴子は怒られてる理由が貴子自身の中にないって感じていて、、

 

 

 

でも、湧き上がったものは すべて端から端から言葉にしたので、

 

 

 

母さんキレたけど、貴子は出し切ってたし、スッキリ✨してたの。

 

 

 

不思議、、🌟

 

 

フツーは激しい言い合いの方がスッキリしそうなのに、

「ぇ〜。なんで〜。貴子わるくないのに〜。」ってブツブツ言っただけ。

でも、結果→スッキリ✨

 

 

 

 

なにこれ、

新感覚っ。。✧︎◝︎(*´꒳`*)◜︎✧︎˖💖

 

みたいなw

 

 

 

まさかこんな研究結果(?)が出るとは思いませんでした。

 

 

 

これによって、8月に書いた、↓この仮説が実体験で立証されまして♡

これは収穫〜♫♫

tetegift08234.hatenablog.com

 

 

 

 

でも、、お母さんには悪いことしたなぁ〜(気分を害した点においては)と思ったので、

 

私がもーちょっと成長して、次回は「お母さんも気持ち良く過ごせる」まで持って行ける方法が提示出来ると良いなぁ(・ω・ )と思いました。

 

 

 

 

だけど、ホント、、

周りの環境が変わらなくても、自分の内面が変わるだけで、物事の捉え方って格段に変わるんだな!

って、今回のことを通してマジで思ったの。

 

 

 

よく、

「他人を変えるんじゃなくて、自分が変われば良いんだよ!」って言うことがあるけど、

これね、「お前のやり方がダメだ!」みたいに使われててキライだったの。

でも、ある意味 本当のことだったんだなーーー!って、目の当たりにした出来事だったの♡ちょっと、面白かった。

 

 

*おわり*