読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tete*Gift〜お母さんと子ども達の過ごしやすい未来を見つけるためのカフェ&サロン♡〜

こんにちは♡貴子です。Tete*Gift〜てて ぎふと〜は、都内でママと子ども達の過ごしやすい未来を見つけるためのカフェ&サロンです。只今準備中なので、まずはどんなサロンなのか?貴子ってどんな人?というところからお話していきますね♡ ・・・【エンジェルナンバーのブログはこちら♪→http://tetegift0727.hatenadiary.jp/entry/2015/10/11/130239 】

私は探しています。。 .**・

私が人よりも色んなものが見えているのに、「それの生かし方が分からない」と、今叫びたくなっているのは、なんなのでしょうか…?


かつて、画家が絵を描くことには長けていても、売ることは下手だったように

自分の能力の売り方を必ずしも自分で認識・実行するチカラが自己完結出来ない人がいる、、


ということが分かり、さて その説明を一体誰が理解してくれるのだろう……?


と、少し空虚な気持ちになっているのも、偽なのでしょうか。。?



(もしそうなら、その偽の意識、外したいです。)



人に頼らずとも、私のこのぶっ飛んだ・でも必要とされる場所があると確認できたこの能力をちゃんと生かせる私になりたいです。



中学生の時からそうでした。うちの親はなんだかフツーじゃない(*軽い心理的ネグレクトの家庭でした)とか、なんで自分は人付き合いがこんなにも苦手なんだろう…?とか、思っていました。

*多分、中学生でこの渦中にいる時に、
人は、こんなことを認識すらも出来ないものかと思います。
ただただイライラしていたりで日々がおわるか、「こんなもの」と思ってフツーのラインを下げたまま過ごすんでしょうが、何故か私は「違和感」や「苦しみの正体」を知りたくて堪らなかったのです。気持ちわるいでしょ?笑。


いつからか、、もしくは物心ついた頃から自分への分析は始まっていて、、

22歳の頃には、専門学校の先生に就職面談をされた時、

自分のことと、自分が人からどう思われているのか?をツラツラと説明したら、先生に、

「そこまで自分で分かっていたのか…!それを全部1から説明しないといけないと思っていたから、『どう言おう?分かっていない子にそれを説明するのは、大変そうだな。。』と思っていたところだったよ。でも、なんでそこまで(人と自分のことを)分かってるのに、(うまく人付き合いが)できないんだ?」

と、言われて、
「それは、私が一番教えて欲しい……ポカーン…。」と思った。


それからやっぱり上手く人付き合いが出来なくて、、

そこから更に5〜8年かけて、今 それなりに“フツー”と呼べるくらい人付き合いがうまく出来るようになった。。



人にもその体験と、私の分析力を生かして、、
少し話を聞いたり、写真を見ただけで、人との付き合い方を解説してあげられるまでになれた。
(コンサルタントとしてバリバリやってらっしゃる方に、能力テストとして私がコンサルをさせて頂く機会があり、、やってみたところ、状況の解説力を褒められるほどにまでなっていた。実際、私の言葉を聞いて、自身で解決方法をパッと掴んでおられた。)




そして今は、【自分の能力を生かしたお金の稼ぎ方】を探している。




またもや、客観的に「こうなれば良い」という、到達点は見えているけど、そこまでの道筋は全く見えていないのだ。。



また、5年以上かけなくてはいけないのか……?



でも、次は誰かに理解してもらい、手伝って貰うことも課題に上がっているように感じる。



私のこの想いや感覚を理解し、、生かしてくれる人を求めてるんだと思う。



その人はきっと、、私には持っていない能力を持っている人なんだと思う。



どこにいるんだろう……?



**... ...** **... ...**
能力と、結果(お金が稼げるか?)は別です。。

能力と(努力の)結果が結び付いているのは、学校のテストだけです。
(それすらも、得意・不得意の差があるけれど。)



そして、私のこの想いを「甘え」という人もいるでしょう。


《その言葉、聴き飽きたから!》

理解しようとしない、その脳みそ取り替えて出直して来いょ!

。。と、貴子の中の王子(サヌキ)が叫びます。。